環境に関心を持つ企業が生き残る時代です。

台風19号が通り過ぎ関東地方は午前中から台風一過の快晴にまりました。ま

風は強いですがとっても気持ち良い天気です。19号それから先週の18号

も、かなり大きな台風でした。そして大きな被害にあった地域も多くありまし

た。被害に合われた皆様には謹んでお見舞い申し上げます。

皆様もご存知かと思いますが台風の被害年々増しているように感じます。台風

の勢力が衰えないまま日本に上陸することが増えています。台風だけではなく

て竜巻などの被害も毎年出ています。この原因が地球温暖化にあることは国際

的にも知られていることです。このように明らかに地球環境が変化してきてい

ることが人為的な要因であることも国際認識されているとことです。

こうした地球環境に耳を傾けない、関心を払わないこんな企業は今後生き残る

ことは難しいでしょう。大手企業はグローバル化に対応する必要から常に環境

に注意を払っています。また環境に関連して人権や事業慣行にも目を配ってい

ます。なぜ、大手企業はそこまでするのでしょうか?

それは、自社だけでは今後持続していくことが困難だとの判断があるからでは

ないでしょうか!?

大手企業がここまで環境に関心を持って対応しているということは、中小事業

者にとっても関心を払わずにはいられない問題になることはそれこそ時間の問

題です。環境マネジメントに取組ことは今後の起業経営には必須です。

持続可能な成長を模索するならば今すぐにでも環境マネジメントに取組んでく

ださい。

アキュレイト行政書士事務所は中小事業者の環境マネジメントをサポート致し

ます。今すぐご連絡ください。お待ちしております!!