これからは環境配慮型経営の時代です。

企業が社会的責任を果たすという場合、ISO26000では7つの中核主題に対する取り組みを設定しています。組織統治、人権、労働慣行、環境、公正な事業慣行、消費者課題、コミニテイへの参画及びコミニテイの発展の7つ。これらの課題はそれぞれ関連性があり、ISO26000は7つすべてに取組まなくても、まずその組織で一番重要に思われる課題から取組んでいけばよいのです。例えば経営者の理念や目的を効率よく組織に浸透させる必要があるならば組織統治から取り組んでいく。社会的責任を果たすための組織作りということになります。環境への取組みも社会的責任の中核課題の一つ。そしてステークホルダーにその取組を伝えるのに一番伝わりやすいのが環境マネジメントであるとアキュレイト行政書士事務所は考えています。これからはどんな業種であっても環境へ取組むのは当然で、消費者も環境配慮型商品を選ぶ時代です。また、バリューチエーンも環境に配慮した事業者同士になってくることが予想されます。エコアクション21の取組みは環境経営の第一歩。

社会的責任を果たす企業になるための取組みをエコアクション21から始めてください。お問い合わせはアキュレイト行政書士事務所まで。お待ちしております!!