環境に対する取り組みは持続可能な成長に繋がります。

今朝の読売新聞朝刊の特別面。ご覧になった方も多いかと思います。「減る気配ないCO2森が海がおかしい」という見出し。世界中で異常気象が原因と思われる災害や資源の減少が続いています。気候変動に関する政府間パネルの報告書によると今世紀末には最大で4.8℃気温が上昇すると言われています。こうした国際的な取り組みによる報告は私たちの生活に関係ないものではなく、異常気象、資源の減少などにより直接被害を受ける恐れが増していることを警告するものです。私たちの経済活動はこのままでいくと温暖化のために壊滅的な状況になることも考えられるのです。環境に対する取り組みをすることは短期的に見たらただの消費にしか見えないかもしれません。しかし、長期的に見た場合それは持続可能な成長のために必要な取り組みになり、また新たなビジネスを生み出すチャンスも与えてくれるものなのです。環境改善のために必要な技術やその他のサービスを提供することにもつながる環境マネジメント。今すぐにでも取り組みませんか?

お問い合わせはアキュレイト行政書士事務所まで!!