PDCAサイクルを継続することが大事

エコアクション21の認証登録を受けることを決めたら、その組織全体が環境改善に向けて取り組むことが重要です。組織の代表者から責任者、一従業員に至るまで全員が同じ目的に向かって取り組むのがエコアクション21の取組みを成功させる大前提です。従業員は上から押し付けられて取り組むのではなく、自主的に自ら環境負荷軽減に取組み、代表者も自ら進んで活動いすることが重要です。

その取組を支えていくのがPDCAサイクルを継続していくことです。PDCAサイクルとはPLAN(計画)DO(実施)CHEK(確認評価)ACTION(見直し)このサイクルを継続してより良い方向へ導いていく。これが環境経営システムです。継続性の原則は企業経営における根幹ですから、環境への取組みにも当然当てはまるもの。しかしこの継続していくのって難しいですよね。特に中小事業者の場合、人手が足りなかったり、いくつもの業務を一人で熟さなければならなかったりして、とても環境経営にまで手が回らない事業者様も多いはず。でも、これからの企業経営は社会的責任を果たすことが求められます。技術とコストがほとんど変わらない企業が2社あったとして、環境経営システムの認証を受けてる企業とそうでない企業どちらを選ぶでしょうか?

それを考えるとエコアクション21の認証登録を受ける意義はかなり大きいと思いませんか!!

人手が足らなければ代行をお願いしてでも環境経営システムの認証を取得すべきです。選ばれる中小事業者になるために是非エコアクション21認証取得サポートのアキュレイト行政書士事務所へご連絡ください!!